投資前における資本形成診断の基本を知るサイト

>

受ける時の注意点や受けた後は

この記事をシェアする

診断を受ける際に気をつけること

ここまで「資本形成診断」のことを紹介してきましたが、診断する場合にはある程度気をつける部分があります。それは診断士についてです。

先のページでも解説したように「中小企業診断士」に相談する場合はできるだけ信頼のおける方に依頼するのが良いです。企業の経営状況を調べてもらう以上、安心して投資できる根拠がある情報を求めたいですので、経験や実績のある方をお勧めしたいです。
また、しっかりと調査して報告してくれる診断士を探しましょう。一回の調査だけではその企業の経営状況などがわかりにくいため、何回も調査してもらえる方に依頼するべきです。投資についての疑問は多いでしょうから、それを親身に解決してくれる診断士に全部質問していきましょう。

診断を受けた後や他にできること

診断士の調査による報告をもらった後、その情報を基に投資をするかどうかを決定します。調査結果が良ければ、より安全な投資を行える確率が高まります。それでも必ず儲かるという保証はありませんが、何も知らないまま臨むよりは確実でしょう。

そして自分でも情報収集をするのは大事です。診断だけではなく投資についての知識は多く取り入れるようにしましょう。
経済新聞は日本の経済情報を知るのに最適です。他にも経済情報を載せているサイトは多くありますので参考にしておくと良いかと思います。
また投資家の方々もサイトを開設していて、投資先の選び方や投資の情報を公開してくれていることもあります。先達から学ぶことができ、チェックしておくと良いです。