投資前における資本形成診断の基本を知るサイト

>

資本形成診断を受ける方法

この記事をシェアする

どのように診断を受けるのか

「資本形成診断」を行ってくれるのは「中小企業診断士」という国家資格を持った人達です。主に企業の経営コンサルタントをする仕事であり、企業経営に関する専門的な知識は豊富にあります。そうした知識と経験を基にしてその企業が「投資先として大丈夫なのか、安全なのか」を診断し、依頼者に報告するのです。
診断士の中には企業に属している方もいますが、診断してもらうのは診断士が多く居る事務所や独立している方に依頼しましょう。また、知識が多いに越したことはないのでなるべく経験豊富な方を選ぶのが良いです。

中小企業診断士は依頼を受けると診断先の企業についての情報を集め、「資本形成」がしっかりとしているかどうかを分析し依頼者へ報告します。その分析を基にして投資をするかどうかを決めましょう。

診断士に依頼する前に

「中小企業診断士」を探す時には、自分が投資しようと思っている企業の分野を多く経験されている方を選ぶのが良いでしょう。その分野の知識を多く有しており、経営状況についても的確なアドバイスをしてくれると思います。
また、診断士の多くは「中小企業診断協会」に所属している方が多く、専用のウェブサイトも存在します。サイトには診断士になるための試験についてや経営に関する調査研究のマニュアルを掲載しているなど、診断士のことだけでなく企業経営の知識を知ることもできます。
自分の条件に合う診断士を見つけたら電話かメール、または直接面談でコンタクトを取りましょう。独立開業している方でも優秀な診断士はいますので、よく考えて診断士を選ぶのが良いです。